茅ヶ崎・辻堂の自己破産はお任せ下さい


自己破産

借金を返しきれなくなった場合に、裁判所に申立てをし、免責決定を受けることにより、返済が不要となる手続きです。

 

ただし、この場合、その時点で所有する財産は自宅をはじめ失うこととなります。

もちろん、生活必需品はこの限りではありませんのでご安心下さい。

自己破産の流れ

1.相談にお越しいただき、ご相談のうえで、ご依頼いただきます。

2.契約後、すぐに、各債権者に対して、受任通知を送付いたします。この通知により、債権者からの取立てはとまります。また、この通知で、いままでの取引履歴の開示を請求します。

3.申立書を作成し、必要書類を揃えて、裁判所に申立てをします。

4.申立ての内容について、裁判官から原因や状況などについての質問を受けます(破産審尋)。

5.破産宣告及び同時廃止決定がなされ、官報で公告されます。なお、債務者に財産がある場合には、破産管財人が選任され、破産管財人が財産を処分し、各債権者に平等に配当します。

6.免責審尋の期日があります。破産審尋と同様、裁判官が質問し、その上で免責を認定します。

7.免責決定が出され、官報で公告されます。

8.免責が確定します。これにより、あなたは法的に支払義務を免除され、借金を返す必要がなくなります。

これらすべてのお手続きを終えるのに、大体半年から一年程度の時間を要します。


自己破産についてよく頂戴するご質問



自己破産の事例のご紹介